しゅみぷろ

プログラミングとか

Splatoon2の自動ドット打ちをもうちょっと簡単にしてみた

はじめに

esprog.hatenablog.com

上記記事でSplatoon2のイラスト投稿でドット打ちを自動化する方法を紹介しました。

色々な方から「できたー」といったお声を頂戴するようになりました。

しかし、「できなかった」というようなお声も頂きました。

ということで今回は、もっと多くの人が簡単に使えるようにしてみましたというお話。

様々な更新を取り入れたりしたので、以前の記事とはかなりやり方が異なります。ご注意下さい。

必要なもの

  1. Teensy 2.0 ++
  2. WinAVR
  3. Switch-Fightstick
  4. Teensy Loader

Teensy 2.0 ++は、購入する必要があります。

Teensy 2.0 ++は最後の最後まで必要にならないので、念のため以降記述する「自動ドット打ち手順」でJoystick.hexの出力まで成功したら購入するので良いと思います。

環境づくり

必要なソフトウェアのインストールやダウンロード手順について書いていきます。

WinAVR

WinAVR download | SourceForge.net

上記リンクより、WinAVRのインストーラーをダウンロードして実行します。

f:id:es_program:20170913115431p:plain:w400

インストールの段階でPathを通しておくと楽です(「Add Directories to PATH (Recommended)」にチェックが入っているかを確認する)。

f:id:es_program:20170913115436p:plain:w400




Switch-Fightstick

https://github.com/EsProgram/Switch-Fightstick/archive/1.2.0f.zip

上記リンクから、zipファイルをダウンロードして解凍します。

解凍したら、「Switch-Fightstick」フォルダが出てくると思います。

フォルダ名の末尾に数字がついていると思いますが、バージョンによって異なるので気にしないでください。

f:id:es_program:20170913122613p:plain:w400




Teensy Loader

Teensy Loader app for Windows 7 and Vista

上記リンクから「teensy.exe」をダウンロードしたら完了です。

f:id:es_program:20170913124234p:plain:w400




自動ドット打ち手順

大まかな流れはこのようになります。

  1. 320x120のサイズで白黒画像を作る
  2. 「Switch-Fightstick」フォルダー内の「Image2Hex.exe」に白黒画像をぶち込む
  3. PCとTeensyを接続し、「Switch-Fightstick」フォルダー内の「Joystick.hex」を書き込む
  4. TeensyとSwitchを接続し、ドット打ちが終わるまで待つ

以下でそれぞれ詳細に説明していきます。

1.320x120のサイズで白黒画像を作る

f:id:es_program:20170904212911j:plain:w320

こんな感じで、320x120ピクセルで白黒の画像を用意します。書くなり加工して作るなり好きにして下さい。 因みに画像はJPEGPNGで保存しておくことをオススメします。

2.「Switch-Fightstick」フォルダー内の「Image2Hex.exe」に白黒画像をぶち込む

「Switch-Fightstick」フォルダー内に、「Image2Hex.exe」があるので起動します。

f:id:es_program:20170922214130p:plain:w400

起動したときの画面は下の画像のような感じです。これに、白黒画像をドラッグ&ドロップします。

そうすると自動的に変換が始まります。

「InvertColor」にチェックを入れておくと白黒が反転します。チェックを入れても「Image2Hex.exe」に表示される画像は変化しません。(紛らわしいので要改善?)

f:id:es_program:20170922214218p:plain:w400

変換に成功するとこんな感じに、「Success」と表示されます。

f:id:es_program:20170922214425p:plain:w400

「Switch-Fightstick」フォルダ内に「Joystick.hex」というファイルが出来上がってると思います。

3. PCとTeensyを接続し、「Switch-Fightstick」内の「Joystick.hex」を書き込む

PCとTeensyを接続し、Teensy LoaderでJoystic.hexを書き込んでいきます。

Teensy Loader(teensy.exe)を起動し、「File -> Open HEX File」から、「Switch-Fightstick」フォルダ内の「Joystic.hex」を選択します。

f:id:es_program:20170913130216p:plain:w400

PCと接続しているTeensyの黒ポチのボタンを押して、プログラム書き込みモードにします。

f:id:es_program:20170913125908p:plain:w400

あとはTeensy Loaderで「Operation -> Program」、「Operation -> Reboot」の順に操作し、書き込みが完了すればこの工程は終了です。

4. TeensyとSwitchを接続し、ドット打ちが終わるまで待つ

SwitchでSplatoon2のイラスト投稿画面までいき、ペンのサイズを最小にしておきます。 TeensyとSwitchを接続し、あとは出来上がるのを待ちます(Switchはドッグに挿した状態で、TeensyはドッグのUSBポートにつなげれば大丈夫です)。

最後に

前回紹介した記事と違う部分は

  • Pythonが不要になった
  • GIMPで画像を変換する手間がなくなった
  • USB Type C アダプタが無くてもドッグにTeensyを直接挿し込めばよくなった
  • ドット打ちが高速化された

くらいでしょうか。

画像作ったらImage2Hex.exeにぶち込んで、Teensyに書き込んでSwitchに接続するだけなので、かなり簡単になったと思います。

Splatoon2で自動ドット打ちをする際にクリスタで楽をする

はじめに

esprog.hatenablog.com

上記記事で、Teensyを使ってPCで加工した画像をSplatoon2に投稿するハックを紹介しました。

投稿方法についてはここまででバッチリです。 今回のエントリでは、投稿イラストのクオリティを上げるために気をつけたいことについてメモします。

このブログ自体自分のアウトプット用なので、参考になりそうなところだけ参考にして下さい。 尚、使用ソフトはクリスタです。

加工手順について

以前は

  1. クリスタでお絵描き
  2. GIMPでリサイズ・加工
  3. GIMPでエクスポート

という感じで絵を作っていました。 この工程だと、カラー付きイラストを2値化する作業が手間ですし、その後の修正・加筆が面倒でした(GIMP使い慣れてない)。

なので、フローを

  1. クリスタでお絵描き
  2. クリスタでリサイズ・加工
  3. GIMPでエクスポート

にしました。これの何が良いかというと、2値化の結果を見つつ、あまりよくないなと思ったら元の画像を修正し…といった作業ができるようになることです。 クリスタであれば、レイヤーのトーン設定のON/OFFのみでこれが可能です。

ということで手順ですが、まず元絵は普通ににこんな感じで描いていきます。

f:id:es_program:20170904212834j:plain:w600

次に、これを320x120にリサイズします。

f:id:es_program:20170904212612j:plain:w600

次にトーン設定で、白黒にします。

f:id:es_program:20170904212854j:plain:w600

最後に階調化等細かな設定を行い、見栄えが良くなるよう修正します。

f:id:es_program:20170904212911j:plain:w600

基本的にはこんな感じです。レイヤー毎に加工出来るのが嬉しい。

最後に

実はそれほど描き込まなくても、大きめのサイズで線画、色塗りもベタ塗りで割と見れるくらいのものが出来上がります。 これだったら30分~1時間で1枚仕上がってしまいます。めちゃ楽。

f:id:es_program:20170904213453j:plain:w600

f:id:es_program:20170904213332j:plain:w600

ポテトvsナゲットのフェス絵です。マクドナルドめ、攻めてきおる… 僕はポテト派ですので皆さんよろしくお願いしますね。